ワキガの臭いについて周囲への影響も把握しよう

自分の体臭は自分では分からない

自分の体臭には気がつけないのでワキガ臭を覚えるのは決まって他人から漂うものなのですが、明らかに違うのは臭いの質です。

汗はアンモニアならではの酸っぱい印象が強く感じられるのですが、ワキガ臭に関しては鼻につく上にしばらく残ってしまうような強烈さがあります。

実は一言でワキガとは言っても個人差があるのですが、比較的共通しているのは香ばしさが感じられることです。

そのため、古い雑巾を半乾きにした時のような印象を覚える事がありますし、鉛筆の芯のようにむせ返るイメージの場合もあります。

また、近年では料理のスパイスとして用いられるクミンがよく似ていると指摘されることも多いことから、いかに一般的な汗臭さとは違うものであるのかがわかります。

もちろん、酸っぱい感じが真っ先に感じられる方も居るのですが、やはり同時に鉛筆の芯のように渋い香りが鼻を刺激し、風下や同じ空間に居ることができないほどの強烈な体臭を放っています。

ワキガの臭いはスパイシー

鉛筆の芯や風味を高めるクミンに酷似していると言われるワキガですが、突然変異でなることは少なくて基本的には生まれつきの体質が関係しています。

その理由は根本的な起因となるのはアポクリン汗腺というものであり、生まれながらにしてある程度数が決まっている上に遺伝的な要素が大きいためです。

そのため、全く無い方はアポクリン汗腺が皆無ですし、多い方はワキガ臭を放ちやすくなってしまうのです。

そうした先天性なものなので仕方がないのですが、やはり迷惑であるのが本音であり誰もが近くに来てほしくないと願っています。

中には玉ねぎを大量に貯蔵している倉庫の中と全く同じ香りがするという方も居るのですが、玉ねぎの場合は他に刺激臭があるわけではないので、体臭の方がよほど我慢できません。

特に不特定多数の人々が非常に近い距離で過ごす電車では嫌われる傾向にあり、通勤ラッシュなどの満員時は逃げ場が無いのでただ我慢するしかなくて厄介な存在です。