ワキガがどうか判断する為のポイント

ワキガはなぜ発症するの?

ワキガとは腋臭症という名前がついており、脇から出る悪臭のことを指します。

脇にはアポクリン腺という汗を出す器官があり、この汗を脇の皮膚に存在する細菌が分解され発酵することで、悪臭が発生します。

この汗腺自体に悪臭はなく、匂いはありません。

体にはエクリン腺という汗を出す器官があり、この汗腺からは99%が水分の汗を出します。一方アポクリン腺には脂質や糖質、ミネラルやアンモニアなどが含まれており粘り気や黄色みといった特徴があります。

耳の穴や脇などの特殊な部分にだけ存在します。

ワキガの原因は遺伝や食生活や生活習慣など様々で、ホルモンバランスの影響も強く受けます。第二次性徴期には男子なら男性ホルモン、女性なら女性ホルモンが活発に働き、汗腺を刺激することで脇から汗をかきやすくなります。

睡眠不足や過度なストレスからアドレナリンが発生し汗腺を刺激することもあります。発症を抑えるためにも普段の生活習慣には十分気をつける必要があります。

ワキガをセルフチェックしてみよう!

ワキガは自分では気づきにくく、周りから指摘されて発覚するケースも多く、少しでも匂いが気になれば、セルフチェックをすることである程度把握することが可能です。

耳の中にはアポクリン腺が存在しているため、耳垢が湿り気を持っている人はワキガ体質の可能性が高いです。アポクリン腺から出る汗は黄色みを持っているため、白い服をきた時に、脇の部分に黄色いシミがついている人も要注意です。

脇毛に白い粉が付いていた経験がある方は、ほぼワキガ体質です。

脇についた白い粉はアポクリン腺から出た分泌物が結晶化したものです。その他にもワキガは遺伝する可能性があるため、両親のどちらかがワキガ体質である場合には、自分も疑ってみたほうがいいです。

よく勘違いされるのは、汗かきとワキガを一緒にすることですが、これはあまり関係ありません。

体にはエクリン腺という器官があり、この汗腺から出る汗とワキガには関係がなく、多汗症であるケースが多いです。ワキガはアポクリン腺から出る汗が原因なので、混同しないようにする必要があります。