保険適用の3割負担でワキガ・多汗症を治療しよう

医師の診断によって保険が適用できるワキガ治療がある

ワキガや多汗症の場合、周囲にワキガ独特のにおいが広がったり、大事な洋服が汗で濡れてしまうという弊害が起こってしまいます。

そこで治療法として、ワキガの場合はワキガのにおいの原因となるアポクリン汗腺を取り除く剪除法という手術を受けたり、多汗症の場合はボトックス注射をすることによって汗を抑える効果が期待できます。

基本的にこれらの治療は自由診療になるので健康保険が適用されないことが多いですが、中には症状がひどくて日常生活に支障をきたすと医師が認めた場合には、保険が適用されるので安い治療費で施術を受けることが可能です。

剪除法は効果が高く保険が使えることが多い

剪除法は、ワキガの匂いが出ているワキの部分を2~3cmほど切開して、そこからにおいの元となるアポクリン汗腺を取り除く手術方法です。

汗腺そのものを取り出すことになるので、においの発生を抑えたり、汗の量が少なくなります。

効果が半永久的に続き、再発率がかなり低いというメリットがあります。

日帰りで手術が可能なので精神的にも身体的にも負担も少ないですが、汗腺を取り除くために切開した部分の皮膚が引き攣れたり痕が残るというデメリットがあります。

費用は保険が適用されればかなり安くなるので自己負担をするのは両わきで3~5万円ほどになります。
手軽で効果的なボトックス注射も保険が使える医院がある
ボトックス注射は、手術といっても注射をワキガの部分に打つだけなので、治療時間は5分程度で終わります。

注射を打った後のダウンタイムもほとんどなく、傷跡も残りません。

ただワキガ治療としては剪除法よりもにおいを抑えることが少なく、多汗症を治療するときには効果が高くなるのでおすすめです。

デメリットとしては、持続期間が3~6か月と短いため、定期的に治療を受けなければなりません。

費用に関しても比較的リーズナブルで、1~3万円前後になっています。ボトックス注射の種類にもよりますが、厚生労働省が承認している高品質なものもあります。

ボトックス注射による治療体験のレビュー記事もありますので、あわせてお読み下さい。

参考

名古屋で脇汗ボトックス注射によるワキガ治療を受けてみた【体験レビュー】関連記事

保険無しで高品質な治療を受けるという手も

保険が利かない場合は自由診療になるため、診察費や治療薬など全て自己負担になりますが、かなり効果が高い治療法も存在しています。

その1つがミラドライというメスを使わない吸引法です。

すでに海外では広く使用されていて、マイクロ波を出す専門の機械を使って、アポクリン線などの汗腺を皮膚の上から破壊します。

壊れた汗腺は再生する可能性が低いので、半永久的な効果を得ることができます。

皮膚を切開しないので、傷跡が残ることもなく、治療を行うときは麻酔を使うので痛みを抑えることができます。マイクロ波を広範囲に出すことができるので、アポクリン線が多かったり広がっている場合にも効果的です。